Just a little bit of your soul Dynakay's tumblr
urokuzu:

Twitter / merli: 始球式でサウスポーのサイドスローという衝撃の投球を見せた琴奨菊といえばこの写真
火曜日 7/29/2014

(776 リアクション)

"

もう少し説明すると、「人の目を気にする」人間の大半は、「自分の周囲の少数の人の目を気にしている」だけである。

そして、「人の目を気にしない」というのは、自分一人だけの判断をしているのではなく、逆に、「もっと確かな目(あるときは、もっと大勢の目)」による評価を想定している、という意味だ。

それは、「今の目」だけではなく、「未来の目」にも範囲が及ぶ。

"

(907 リアクション)

月曜日 7/28/2014

(12 リアクション)

unknown999:

8月7日、アイドルグループ・hanarichuが生誕1周年ワンマンライブを秋葉原・AKIBAカルチャーズ劇場で行う。

hanarichuはSUPER☆GiRLSらを擁するavex・iDOL Streetと花と女の子の世界を展開するwebサイト「hanaガール」がタッグを組んで生まれた、「花」をテーマにした新展開アイドルユニット。 iDOLStreetストリート生の人気メンバーである坂元葉月さん(ヒマワリ)・吉本ほのかさん(バラ)・小玉梨々華さん(ユリ)・三谷優依さん(ガー ベラ)・緒方ももさん(カーネーション)の5人によって、結成され活動している。

また、製作スタッフも豪華な面々が揃う。総合プロデューサーは、hanaガール園長の松田一輝とiDOLStreet統括プロデューサーの樋口竜 雄。楽曲プロデューサーに175RのISAKICK、振付師には、元キャナァーリ倶楽部のあゆべえこと高田あゆみをそれぞれ迎えている。さらに、クリエイ ティブディレクターには、最強占い師ゲッターズ飯田一番弟子のぷりあでぃす玲奈など、クリエイティブな顔ぶれが集まっている。

クラウドファンディングCAMPFIREからスタートし、みんなで作るアイドルを初めて提案したのもhanarichu。お花を育てるのと、メン バーを育てるのは近いものがあるということだという。応援グッズの「推し花」というのもhanarichuを象徴している。推しメンの花をサイリウムとと もに振りグリーンのタオルを肩にかけると、後ろから見た景色はお花畑だ。

「全世界お花畑化計画」というテーマに花業界からも注目され、3月幕張メッセで行われたお花業界日本最大イベント「日本フラワーガーデンショー 2014」でLIVEゲストとして招かれたほか、6月にはサカタのタネヒマワリ ビンセントのイメージガールにヒマワリ担当の坂元葉月さんが選ばれ、全国の生花店にポスター展開されている。

8/7のワンマンLIVEでは、カルチャーズ劇場の特徴を生かした演出のほか、入場者特典やサプライズ・重大発表も用意されているとのことで、初見 でも充実したLIVEになることは間違いない。さらに、2ndシングル「はな☆ドキドキ晴れ」の通常版CDの発売も開始される。

●ワンマンLIVE チケットはこちらから

(via お花アイドルhanarichu 1stワンマンライブの開催迫る! | GirlsNews)

"みんな普通にガッジーラって発音してる横で渡辺謙だけが頑なにゴジラで通すの、ラストサムライよりもラストサムライって感じです。"

(320 リアクション)

ch624:

「寄生獣」に原作イメージ通りの豪華キャスト結集!浅野忠信、東出昌大ら - 画像1 : 映画ニュース - 映画.com
火曜日 7/15/2014

(68 リアクション)

"FMラジオから流れてきた。「よくエコな人たちが『地球を救おう 』とか『地球を守ろう』なんて言ってますが、地球は大丈夫ですね。人類は救わなきゃならないでしょうが、地球は20億年くらいは何もしなくて大丈夫です。」国立天文台副台長の清々しいコメントでした。"

(1,100 リアクション)

"

一銭もかからない自己改善

時間は短くとも「上質の睡眠」を十分にとる。
食べ過ぎない。アタマもすっきり。
基本は笑顔。笑顔が解決することも多い。
まず、相手の話を最後まで熱心に聞く
背筋をのばす。姿勢もよくなる、血の巡りもよくなる。
きれいな文字を心がける、ていねいに書く
髪を整える
靴のかかとや底をきれいにする
あらかじめ、服のコーディネイトをいくつか決めておく
シチュエーション別に自己紹介を前もって作っておこう。
夢を言葉にする
子供にでもわかる言葉で説明する
汚い言葉やマイナスの言葉を使わない。
語尾まではっきり声に出す
グチを言わない、自分を卑下しない。
1日の終わりに自分をほめる

"
日曜日 7/13/2014

(4,088 リアクション)

"で、こういうミステリーというのは、あっと驚くところに鍵があるものなんですね。なかなか驚きました。

【長谷】と書いてなんと読む?

【日下】と書いてなんと読む?

【春日】と書いてなんと読む?

【飛鳥】と書いてなんと読む?

【長谷】は「ハセ」と読み、【日下】は「クサカ」と読む。どう考えても、そう表記して、そう発音するのって特殊だよねって思った経験があると思うんですが、それらは西宮一臣なる学者さんが『地名学研究』に寄せた非常に興味深い話があるのだという。

ざっくりとやってまうと、それらの読みは地名に由来しているが、枕詞的な修辞法が関係しているのだという。

「長谷の泊瀬」(ながたにのはつせ)

「春日の滓鹿」(はるひのかすが)

という枕詞的な修辞法があり、いつの間にか【長谷】と表記して「はつせ」と読み、【春日】と表記して「かすが」と読むようになっていった、と。

これに当て嵌めていくと、

「飛鳥の明日香」(とぶとりのあすか)

だから【飛鳥】と表記して、全く異なる語感の「あすか」となる。

おお! これは非常に説得力があるよなぁ。

では、残された【日下】ですが、これに同様の修辞法によって、

「日下の草香」(ひのもとのくさか)

があり、後に【日下】と表記して、「クサカ」と読むようになったのではないかとなる。

オドロキもありましたが、この枕詞的修辞法という、なんちゅう雅な思考展開なんだって。しかし、これ、説得力がありそう。"

(3,019 リアクション)

"

日本酒はいろいろは温度でたのしむことができますが、それぞれの温度で味わいが変わります。一般的には温度が高くなるほど味わいの強さが増し、低くなるほど香りと味わいが抑えられる傾向にあります。またそれぞれの温度の状態に対して独特の言い方をします。

温度が55℃前後を「飛び切り燗」といい、香りは凝縮し、最も辛口に感じられます。
以下温度が50℃前後を「熱燗」、45℃前後を「上燗(じょうかん)」、40℃前後を「ぬる燗」、37℃前後を「人肌燗」、33℃前後を「日向燗(ひなたかん)」といいます。

常温で置いている状態のことを「冷や」といい、本来の意味では冷蔵庫などで冷やした状態ではありません。
それ以下の温度では15℃前後で「涼冷え(すずびえ)」、10℃前後では「花冷え」、5℃前後では「雪冷え」といい、いわゆるキンキンに冷やした状態のことです。

"

(1,131 リアクション)

"子どもは一日平均300回笑いますが、大人は17回、70歳以上になると2回しか笑わなくなるそうです"

(2,261 リアクション)